スマートフォン版へ

過去の成績

レースガイド

 ジャパンダートダービーは大井競馬場で行われる重賞競走。99年に創設され、当初から一貫して大井2000mを舞台に施行されている。

 前身となっているのは、96年秋に創設されたスーパーダートダービー(交流GII)。同レースとユニコーンS(JRA)、ダービーグランプリ(盛岡、交流GI)で構成されていた4歳(現3歳)ダート三冠が99年に廃止され、新たに中央・地方交流の4歳(現3歳)ダートチャンピオン決定戦として交流GI・ジャパンダートダービーが新設された。その後、スーパーダートダービーはスーパーチャンピオンシップ(南関東G2)として行われるようになったが01年を最後に廃止。

 02年からは羽田盃(南関東G1・ダート1800m)、東京ダービー(南関東G1・ダート2000m)に続く南関東三冠レースの最終戦に組み込まれている。また06年からは、同年にスタートした「ダービーウイーク」で各地のダービーを沸かせた地方馬の参戦も増え、3歳ダート頂上決戦の位置付けがより明確になっている。優勝賞金は4500万円。

 過去の勝ち馬はオリオンザサンクス、ゴールドアリュール、カネヒキリ、グレープブランデーなど。レースレコードは07年にフリオーソが記録した2分02秒9。

※重賞の格付けは、従来の表記を使用しております。

⇒続きを読む

重賞日程

7/5(木)
川崎 スパーキングレディーカップ(Jpn3)
7/11(水)
大井 ジャパンダートダービー(Jpn1)
7/16(月)
盛岡 マーキュリーカップ(Jpn3)